鼠径部の筋膜の裂け目|首に違和感を感じたら甲状腺の病気を疑おう

首に違和感を感じたら甲状腺の病気を疑おう

医者

鼠径部の筋膜の裂け目

病院

裂け目を塞ぐ治療

鼠径ヘルニアは、鼠径部の筋膜に亀裂が入り、そこから腸の一部が出てくることが原因です。筋膜が裂けても、その上には脂肪層や皮膚があるため、腸は完全に露出するわけではありません。しかしそれらの内部では飛び出ている状態なので、それにより鼠径部は、膨らんで見えるようになります。鼠径ヘルニアは、出てきた腸が少ない場合には、手で筋膜の内部に押し込むことで、一時的に解消することができます。ところが放置していると、筋膜の裂け目が広がり、腸がどんどん出てくるようになります。仕事で重い荷物を持ち上げたり、育児で子供を抱き上げたりと、下腹部に力を入れる機会が多い人ほど、その可能性が高くなります。しかし裂け目が広がっても、それを塞ぐ手術を受ければ、その後は腸は飛び出なくなります。仕事も育児も、鼠径ヘルニアを過度に気にせずにおこなうことが可能となるのです。

プラグ状のメッシュシート

鼠径ヘルニアの手術は、以前は筋膜の裂け目を縫い合わせるという方法でおこなわれていました。縫い合わせることで裂け目がなくなれば、そこからは腸は出てこなくなります。しかし裂け目を寄せ集めて縫合することになるので、周辺部分の筋膜が引っ張られ、そこに新しい裂け目ができる可能性があります。そのため現在では、メッシュプラグ法による手術が主流となっています。メッシュシートを、傘を閉じる要領でプラグ状にして、それを筋膜の内部に挿入してから広げることで、裂け目を塞ぐのです。筋膜そのものを縫い合わせる場合と異なり、引っ張られることによる新しい裂け目が生じる心配はありません。また、細いプラグ状になっていることから、メッシュシートは鼠径部を3〜4センチほど切開するだけ挿入できます。そのため、大きな手術跡が残らないという点からも、メッシュプラグ法は評価されています。