悪性のリンパ腫|首に違和感を感じたら甲状腺の病気を疑おう

首に違和感を感じたら甲状腺の病気を疑おう

医者

悪性のリンパ腫

女の人

主な症状と原因等について

悪性リンパ腫の全体症状からまとめていきます。全体症状は倦怠感、多少の体重減少、発熱、寝汗等があります。最初はリンパ節膨張からはじまります、悪性リンパ腫の初期症状には痛みがほとんどともわないため気がつけないと複数のリンパ節が膨張している場合があります。僕が大学病院の先生に聞いた話ですが日本人の場合リンパ節膨張以外で発生する節外性リンパ腫がの形として発祥するものが少なからず約40%ほど存在します。リンパ節以外すべての臓器から発生する可能性があります。日本人の場合胃から発症することが多いという話を聞きました。節外性リンパ腫はたまたま検査で見つかることも多いそうです。僕の祖父は悪性リンパ腫になってしまいました。実際僕がこの記事を書いていたりするのは祖父が悪性リンパ腫になったということも理由に含まれています。

検査や診断

検査の結果や異常としては白血球数の増加や貧(正色組成や正球性)、血清LDH値の上昇等が意外とあぶなかったりします。診断上大切なのは病変を手術等で切り取り、組織学的に検査したりすることです。検査をすることによって病気の進行速度や治療方針がちがってきたりするためです。体の表面等にあるリンパ節は医師の診断でわかります。しかし体内の検査の場合、画像診断検査等が必要となってきます。MRI,超音波検査、ポジトロン断層撮影法などを行い検査します。これを複数兼用することにより性格に悪性リンパ腫の症状を見極めたりすることが可能となっています。予断ですが最近の医学はかなり進歩していますね。最近はポジトロン断層撮影方が保険対象となり検査しやすくなりました。