首に違和感を感じたら甲状腺の病気を疑おう

病棟

鼠径部の筋膜の裂け目

病院

鼠径ヘルニアは、放置していると筋膜の裂け目が広がることで悪化します。しかし手術で筋膜の裂け目を塞げば、その心配は少なくなります。手術は主に、メッシュプラグ法でおこなわれています。細いプラグ状にしたメッシュシートを挿入して、裂け目の内部で広げるのです。これは、3〜4センチほどの切開で挿入できます。

詳細

女性が気を付けたいがん

医者

卵巣がんは卵巣にできるがんであり、50〜60代の年代に発症が集中しています。自覚症状がほとんどないことから、受診をしたときには進行してしまっている状態も多いです。若い女性でも卵巣がんになることもあり、妊娠を希望する場合はそれに合わせた治療が行われます。

詳細

甲状腺で生じた異変

女性

甲状腺の病気は複数あるため、それぞれの症状や進行状況に合わせて、適切な処置と治療が行われていきます。甲状腺の異変は日常生活では分かりにくいため、少しでも腫れていると感じたら、医療機関を受診すると良いです。受診するのは内科の内分泌科であり、専門医指導のもと丁寧な診察と触診により、病気の種類を判別できます。甲状腺の病気で多いのは甲状腺機能亢進症と甲状腺機能低下症であり、どちらも甲状腺ホルモンの異常が原因で発症します。亢進症はホルモン過多により心拍数が上がるため、汗を掻きやすくなり食欲はあるのに太らない等の症状があります。低下症はホルモンが不足している状態であり、むくみや皮膚の乾燥、無気力や思考の停止、そして寒がりになります。甲状腺の病気は早期発見と早期改善が必要な病気であり、放置すると症状はどんどん進行して、大病に繋がる可能性があります。

治療せずに放置すると、日常生活にも影響を及ぼす事がある甲状腺の病気ですが、治療を受ける時にはいくつかの注意点があります。治療方法を間違えると進行が止まるどころか進む可能性もあるため、担当医と相談しながら決めると良いです。甲状腺の病気の多くは服薬治療で症状の改善を目指しますが、中には服薬では効果が薄かったり全く効かない場合もあります。その時は思い切って治療の方向転換を行う必要があるため、担当医と治療計画を立てる時は、予期せぬトラブルについての話し合いも大切です。服薬治療で期待する効果が得られない場合は外科的手術となりますが、喉の一部を切開する治療であり、傷跡になって残る場合があるので注意します。

リンク

  • 医療法人輝鳳会がんのクリニック

    食道がんは早期治療が肝心なので、すぐに専門のクリニックを受診することが大切ですよ。こちらをご覧ください。

悪性のリンパ腫

女の人

病気に気づいたらまず専門の病院へ行くことを強くお勧めします。たとえ寝汗だけとかでももしかしたら初期症状かもしれません。完全に悪性リンパ腫が進行していると治療がしにくくなります。最近は医療機関の進歩によりそれぞれ患者への最適な治療ができるところも増えています。

詳細